人が火星にゴキブリを放ってから500カテゴリー以下

なんとか人は火星に行くことを実現させた。但し、火星は地球の方が住むには少々過酷な所に変わりはなかった。

そんな火星を方が住み易くするために、人は遺伝子編集をした特殊なゴキブリといった特殊な藻を火星に残すことに講じる。ところが、それは人に悲劇をもたらす最悪の代替だとは知らなかった……。

人が火星にゴキブリを放ってから500カテゴリー以下。ゴキブリは驚異的な推進をとげ人に牙を向いてきたのだった。テレフォーマーズと呼ばれる人システムのゴキブリに進化してゴキブリといった人との試合が今回始まる。

人システムゴキブリにてもたらされて致死性100%のウィルスにより人は遠からず絶滅の道路へって向かっていた。そういう人を救う戦略はウィルスのもとですテレフォーマーズを捕獲する案件だった。

ただし、方分量のがたいのゴキブリの体力はもの凄くふつうの対人兵器は至極歯が立たない。人は己が体躯をオペを通じてスイッチし、テレフォーマーズに対抗するためにさまざまな昆虫や生物の力を手に入れ、一路火星へと通うのだった。

いつ何が生まれるかわからないビクビクドキドキさせる発展で、戯画を掴む戦法が止まらなくなってしまう一冊だ。

多少グロテスクな掲示がありますが、おもしろさはトップクラスなのでおススメの1冊だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です