そんな持ち味になってしまったのは、シングルマザーで

「放課後チルドレン」は、90年のちゃおという女の子コミック書物に掲載されていたコミックだ。図説は女の子コミックっぽく大きい眼に元来タッチなんですが、規格が普通の女の子コミックとは違いました。

 

ヒーローの乙女は小学校ですが、持ち味はかなり大人だ。ませていらっしゃる乙女はドッサリいますが、ませているのは乳児っぽさがあるからです。世の中の事を知らないのに、知っているような身の程知らずな人だ。ただし、こういうヒーローの乙女は大人も顔負けの八方美人だ。硬い他人にはきちんとへりくだり、探究も作用もできる人だ。

但し、うっぷんがたまるって校舎の裏で呼ぶという乳児らしさも持っています。

 

そんな持ち味になってしまったのは、シングルマザーで動く女性の代わりに家事や子育てをこなしているからです。ですからしっかりしているんです。しかも、断然しすぎて、いじめてきた乳児をやっつけ戻すという持ち味だ。

 

お話は、そういった大人の女の子と乳児くさい医者のラブストーリーだ。医者はパイプで転勤してきて、乳児嫌いだ。

お話だけはありきたりだけども、キャラのキャラが斬新なコミックでした。

 

また、きちんしすぎていらっしゃるヒーローが妬ましいと思いながら読んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です